「科名」一覧 (た行)



    



          ↓ 下へ


・蛸の木科(たこのきか)

  蛸の木 (たこのき)


・蓼科(たでか)

  藍   (あい)

  秋のウナギつかみ

  石見川 (いしみかわ)

  虎杖  (いたどり)

  犬蓼  (いぬたで)

  伊吹虎の尾(いぶきとらのお)

  大毛蓼 (おおけたで)

  御蓼  (おんたで)

  羊蹄  (ぎしぎし)

  桜蓼  (さくらたで)

  酸葉  (すいば)

  蕎麦  (そば)

  姫蔓蕎麦(ひめつるそば)

  ままこのしりぬぐい

  水引  (みずひき)

  溝蕎麦 (みぞそば)


・狸藻科(たぬきもか)

  狸藻  (たぬきも)

  耳掻草 (みみかきぐさ)

  虫取菫 (むしとりすみれ)


            ↑ 上へ



            ↑ 上へ


・黄楊科(つげか)

  黄楊  (つげ)

  富貴草 (ふっきそう)


・躑躅科(つつじか)

  赤物  (あかもの)

  馬酔木 (あせび)

  油躑躅 (あぶらつつじ)

  岩鬚  (いわひげ)

  蝦夷の栂桜(えぞのつがざくら)

  大紫躑躅(おおむらさきつつじ)

  カルミア

  久留米躑躅(くるめつつじ)

  黒豆の木(くろまめのき)

  玄海躑躅(げんかいつつじ)

  苔桃  (こけもも)

  皐月  (さつき)

  さらさどうだんつつじ

  石楠花 (しゃくなげ)

  蛇の目エリカ(じゃのめエリカ)

  蔓苔桃 (つるこけもも)

  灯台躑躅(どうだんつつじ)

  はくさんしゃくなげ

  姫石楠花(ひめしゃくなげ)

  ブルーベリー

  三葉躑躅(みつばつつじ)

  峰蘇芳 (みねずおう)

  深山霧島(みやまきりしま)

  蓮華躑躅(れんげつつじ)


・葛藤科(つづらふじか)

  青葛藤 (あおつづらふじ)

  大葛藤 (おおつづらふじ)


・角胡麻科(つのごまか)

  角胡麻 (つのごま)


・椿科(つばきか)

  寒椿  (かんつばき)

  金花茶 (きんかちゃ)

  山茶花 (さざんか)

  榊   (さかき)

  茶   (ちゃ)

  夏椿  (なつつばき)

  浜柃  (はまひさかき)

  柃   (ひさかき)

  姫沙羅 (ひめしゃら)

  木斛  (もっこく) 

  薮椿  (やぶつばき)


・露草科(つゆくさか)

  露草  (つゆくさ)

  紫露草 (むらさきつゆくさ)

  薮茗荷 (やぶみょうが)


・釣舟草科(つりふねそうか)

  インパチエンス

  黄釣舟 (きつりふね)

  釣舟草 (つりふねそう)

  鳳仙花 (ほうせんか)


・蔓菜科(つるなか)

  松葉菊 (まつばぎく)

  リビングストン・デージー




・天狗茸科(てんぐたけか)

  卵茸  (たまごたけ)


            ↑ 上へ


・灯台草科(とうだいぐさか)

  赤芽槲 (あかめがしわ)

  天芽芝 (あまめしば)

  飴玉の木(あめだまのき)

  大葉紅槲(おおばべにがしわ)

  キャッツテール

  小錦草 (こにしきそう)

  小蜜柑草(こみかんそう)

  猩猩草 (しょうじょうそう)

  唐胡麻 (とうごま)

  灯台草 (とうだいぐさ)

  南京黄櫨(なんきんはぜ)

  野漆  (のうるし)

  初雪草 (はつゆきそう)

  花麒麟 (はなきりん)

  ブラジルこみかんそう

  紅紐の木(べにひものき)

  ポインセチア

  山藍  (やまあい)

  譲葉  (ゆずりは)


・毒空木科(どくうつぎか)

  毒空木 (どくうつぎ)


・木賊科(とくさか)

  土筆  (つくし)

  木賊  (とくさ)


・毒痛み科(どくだみか)

  毒痛み (どくだみ)

  半化粧 (はんげしょう)


・時計草科(とけいそうか)

  時計草 (とけいそう)


・栃の木科(とちのきか)

  栃の木(とちのき)、マロニエ

  紅花栃の木(べにばなとちのき)


・杜仲科(とちゅうか)

  杜仲  (とちゅう)


・扉科(とべらか)

  扉   (とべら)


            ↑ 上へ

__________________


「科名」あいうえお

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪


「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.