秋の鰻攫
(あきのうなぎつかみ)



アキノウナギツカミ

(花と葉っぱ)

'13.10.12  箱根湿生花園



写真集 1(写真6枚)へ
(花)

写真集 2(写真9枚)へ
(花、葉っぱ、トゲ)


          ↓ 下へ
・蓼(たで)科。
・学名
  Persicaria sieboldii
   Persicaria : イヌタデ属 
   sieboldii : 
     日本植物の研究者
     「シーボルト」さんの

 Persicaria は、 
 「persica」(桃)に似ている、
 との意味。
 (葉が桃に似ていることかららしい)
 学名 P へ


・水辺に生える。
・茎に下向きのとげがある。
 さわると痛い。
 「秋」に咲いて、
 「ウナギ」も「つかめ」るような
 トゲがあることから
 この名前になった。
 (ほんとの「ウナギ」とは
  関係ないようです♪)

・花はうすいピンク色。
 花びらは、ほとんどひらかない。
・葉っぱは茎の分岐のところで
 細長い形のものをつける。


(ご参考)

■「土用の丑(どようのうし)」
   夏に、うなぎを食べる日、
   として知られる。

 「土用」
   立秋の前の18日間
   (7月20日~8月6日頃)

 「丑の日」
   カレンダーでは
   ね、うし、とら、う・・・の
   十二支の日が
   12日周期でめぐってくるが、
   その中の「丑(うし)」の日

 これを組み合わせた日
 (土用の期間にある丑の日)なので、
 年によって、
 1日だったり2日だったりする。
 (一の丑、二の丑)。
 (11月にひらかれる
  「酉の市(とりのいち)」の
  「一の酉」「二の酉」
  みたいなものです)

 夏の「土用の丑の日」に
 「うなぎ」を食べる習慣は、
 江戸時代に、うなぎ屋さんが
 セールスとしてはじめ、
 それが定着した、との説があります。


・似ている花へのリンク
 みぞそば  ママコのシリヌグイ

 石見川

            ↑ 上へ

__________________


池・湿地の花 コーナーへ

珍名コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.