金盞花 (きんせんか)


(長春花、ポットマリーゴールド、
 カレンデュラ)        

(Common marigold,
 Pot marigold,   
 Calendula)      



キンセンカ

「金盞花(きんせんか)」

'09. 2. 7  江戸川区 清新町



キンセンカ、カレンデュラ

「カレンデュラ」(「冬知らず」)

'10.12. 6  江東区 東砂



写真集 1(写真8枚)へ
(花)

写真集 2(写真7枚)へ
(カレンデュラ)


          ↓ 下へ
・菊(きく)科。
・学名
  Calendula officinalis
         (金盞花)
   Calendula : 
      カレンデュラ属
   officinalis : 
      薬用の、薬効のある

 Calendula(カレンデュラ)は、
 ラテン語の
 「Calendae(毎月の第1日)」
 が語源。
 どの月の初めにも
 同じように咲いているほど
 花期が長いことから。
  → ”カレンダー”の
     語源でもある。
 学名 C へ


・南ヨーロッパの
 地中海沿岸地方原産。
 江戸時代の末に
 中国から渡来した。
・春の南房総でたくさん栽培される。

・日の出とともに開き
 夜には花を閉じる。


・オレンジ色が鮮やか。
 黄色いのもある。
 よく見かける大きめの花のことを
 「カレンデュラ」と
 呼ぶこともあるが、
 花びらが一重で、
 冬に咲く黄色の小さな花のことを
 特定して「カレンデュラ」
 の名前で呼ぶこともある。

 (こちらは
  「冬知らず」
  「寒咲きキンセンカ」
  「カレン」
  などの園芸名で
  呼ばれることもある)


・ハーブの一種。
 ヨーロッパでは古くから
 食用や薬用(虫さされの薬)に
 使われてきた。
 また、サフランの代わりに、
 着色料や
 髪を染めるのにも使用された。


・「金盞花」の名前は、
 花が黄金色で
 「盞」(さかずき)のような形を
 しているところから。

 また、隋(ずい)の国の
 統一前の「梁(りょう)」の国の
 魚弘(ぎょこう)さんが、
 かけすごろくに勝ったときに、
 金銭でもらうよりも
 珍しい花でもらいたい
 ということで
 この花をもらい、
 そのため、この花は「金銭花」と
 呼ばれるようになった、
 という話もある。
   (その後「金銭花」が
    「金盞花」に変化)


・別名
 「長春花(ちょうしゅんか)」
 「ポットマリーゴールド」


・似ている花へのリンク
   マリーゴールド

・「金盞花」シリーズ
 アフリカ金盞花(ディモルフォセカ)


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.