木蓮 (もくれん)


(マグノリア)

(Lily magnolia)



モクレン

(花)

'05. 4. 3  渋谷区 恵比寿西



写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真4枚)へ
(花)

写真集 3(写真6枚)へ
(花、実)


          ↓ 下へ
・木蓮(もくれん)科。
・学名
  Magnolia liliflora
   Magnolia : モクレン属
   liliflora または
   liliiflora : ユリ(Lilium)
          のような花の

 Magnolia(マグノリア)は、
 18世紀のフランス、
 モンペリエの植物学教授
 「Magnol さん」の
 名前にちなむ。
 学名 M へ


・開花時期は、 3/20 ~ 4/末頃。
 白木蓮よりも
 10日ぐらいあとから咲き出す。

 うすいピンク色の品種は
 3月下旬頃に開花、
 濃いピンク色の品種は
 4月中旬頃に開花。


・原産地は中国。
・外側は赤またはピンク色。
 内側は白。
 外側と内側の
 コントラストが美しい。
 花はけっこうでかい。
 葉っぱが出てくるちょっと前に
 咲きだす。

 「紫木蓮(しもくれん)」
 「唐木蓮(とうもくれん)」
 など、いろいろ種類があるが、
 「木蓮」として
 1ページにしました。

・読みは、
 木蓮科の漢名である「木蘭」の
 音読み「もくらん」が
 「もくれん」に変化。
 漢名の「木蓮」は、
 花が「蓮(はす)」に
 似ている木、から。


・木蓮は、地球上で最古の花木
 といわれており、
 1億年以上も前(!)から
 すでに今のような
 姿であったらしい。

・香水の材料としても使われる。
・欧米では
 椿(つばき)類、
 躑躅(つつじ)類
 とともに3大花木とされている。



・花が散るときには
 劇的な場合があります。

 2006年4月、
 満開の木蓮の木の下を
 通りがかったとき、
 風もないのに突然花びらが
 バーッと100枚ぐらい
 一気に降ってきたのです♪

 木蓮の花びらは大きいので、
 地面に落ちるとき
 ほんとに大粒の雨が
 降りだしたかのような
 「バラバラ」という
 大きい音がしました。

 「もう、花びらを
  落としてもいいよ」
 という、木の中の指令が、
 幹、枝を通して
 花に伝わったのかな、
 と思いました。

 (このときは
  居合わせた人が何人かいて、
  花びらが降ってきたときには
  一様に「オーッ」と
  驚きの声が上がりました)


・4月15日、5月7日の
 誕生花(木蓮)
・花言葉は
 「自然への愛、持続性」(木蓮)


・似ている花へのリンク
 辛夷  白木蓮  ホオノキ


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.