朮 (おけら)


(をけら、うけら)



オケラ

(花)

'06. 9. 2  赤塚植物園



写真集 1(写真7枚)へ
(若葉、つぼみ、花)

写真集 2(写真6枚)へ
(花のあとの綿毛)


          ↓ 下へ
・菊(きく)科。
・学名
  Atractylodes japonica
   Atractylodes : オケラ属
   japonica : 日本の

 Atractylodes は、
 ギリシャ語の
 「atrakton(紡錘)」が語源。
 硬い花の形に由来。
 【紡錘(ぼうすい)】
  糸をつむぐための、両端が
  とがった円柱状のもの。
    (見たことないや)。
 学名 A へ


・秋に山野などで咲く。
・白いヒゲのような頭花
  (ピンク色のもある)。

・春、若芽が出てきたら、
 揚げ物などにして 
 食べるとおいしい。 
・梅雨の時期、
 おけらの乾燥した根を室内で焚いて
 いぶし湿気やカビを防ぐのを
 「おけら焼く」と呼び、
 湿気の多い地方ではよく行われた。

・古名は「うけら」で、 
 しだいに「おけら」になったらしい。
・「をけら」とも書く。 


・【をけら詣(まい)り】
   (京都の八坂神社)。  
 (この行事名は「お」でなく
  「を」のようです)

 大晦日から元日にかけて、
 社前でおけらの根を入れて
 篝火(かがりび)を焚く。
 参詣人はその火を縄に移して
 消えないように振りながら
 持ち帰って神棚や仏壇の燈明に点じ、
 また元日のお雑煮を作る際の
 火種にし、一年の無病息災を祈る。
 おけらは”厄除け”の植物でもある。


・「恋しけば
  袖(そで)も振らむを
  武蔵野の 
  うけらが花の
  色に出(づ)なゆめ」
   万葉集 作者不詳


・似ている花へのリンク
 高野箒

 グリーンネックレス  辺塚苦木


            ↑ 上へ

__________________


「歳時記」 お正月関連へ

山野草・高山植物 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.