面高 (おもだか)


(沢瀉(おもだか)、  
 花慈茹(はなぐわい))



オモダカ

(特徴的な形の葉っぱ)

'05. 7.18  市川万葉植物園



オモダカ

(花)

'05. 7.24  葛西親水四季の道



写真集 1(写真6枚)へ
(葉っぱ、花)

写真集 2(写真5枚)へ
(花、実)


          ↓ 下へ
・面高(おもだか)科。
・学名
  Sagittaria trifolia
   Sagittaria : オモダカ属
   trifolia : 三枚の葉の

 Sagittaria
 (サジッタリア)は、
 ラテン語の
 「sagitta(矢)」が語源。
 矢の形をした葉の形から。
 学名 S へ


・中国原産。平安時代に渡来。
・葉っぱが人面のように見え、
 かつ、
 葉っぱの面に
 葉脈が高く隆起して
 いるところから「面高」。
 葉は鏃(やじり)のような形。


・水田や沼地に生え、
 夏に白い3弁花を咲かせる。
 よく似たのに
 「あぎなし」があるが、
 「あぎなし」は
 「面高」と比べて
 葉っぱの幅が少し狭く、
 下の方の2片の先端が
 しずくのような 
 小さい丸形であることから
 区別がつく。

 (面高は葉っぱの幅が広く、
  2片の先端はとがっている)

 花を見るだけでは
 区別がつきにくい。


・「沢瀉」とも書く。


・別名
 「花慈茹(はなぐわい)」
 「慈茹(くわい)」

   葉と長い葉柄が、農具の
   「鍬(くわ)」に似ていて、
   「芋(いも)」のように根が
   食べられることから
   「くわいも」と呼ばれ、
   次第に「くわい」になった。
   漢字の「慈茹」は漢名から。


・「あしびきの
  山澤(やまさは)
  回具(ゑぐ)を
  採(つ)みに行かむ
  日だにも逢(あ)はせ
  母は責(せ)むとも」
   回具(ゑぐ)= 面高
   万葉集 作者不詳


            ↑ 上へ

__________________


池・湿地の花 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.