鈴懸の木 (すずかけのき)
(プラタナス)


(Platanus)



スズカケノキ、プラタナス

(秋のプラタナス並木)

'15.11.21  新宿御苑



スズカケノキ、プラタナス

(実)

'06. 1. 6  新宿御苑



写真集 1(写真7枚)へ
(並木、若葉)

写真集 2(写真4枚)へ
(葉っぱ)

写真集 3(写真6枚)へ
(樹皮、黄葉)

写真集 4(写真4枚)へ
(若い実)

写真集 5(写真6枚)へ
(実)


          ↓ 下へ
・鈴懸の木(すずかけのき)科。
・学名
  Platanus orientalis
     (鈴懸の木)
  Platanus acerifolia
     (もみじ葉鈴懸の木)
  Platanus occidentalis
     (アメリカ鈴懸の木)

   Platanus : 
     スズカケノキ属
   acerifolia : 
     カエデ属に似た葉をもつ
   orientalis : 
     東方の、東部の 
   occidentalis : 
     西方の、西部の

 Platanus(プラタナス)は、
 ギリシャ語の  
 「platys(広い)」が語源。
 大きい葉っぱに由来。
 学名 P へ


・小アジア地方原産。
 明治末期に渡来。
・かなりの高木になる。
・街路樹や公園樹に
 よく植えられる。

・葉っぱに特徴あり。
 掌状に5~7裂する。
・花は4月頃に咲く。
 実は、いがいがの形。

・由来は、垂れ下がる実の姿が、
 山伏(やまぶし:
    山で修行する人)
 が着る
 「篠懸(すずかけ)」
 についている房に
 似ていることから。
 漢字としては「篠懸」よりも
 「鈴懸」が一般的。


・「鈴懸の木」には
 1.純粋な「鈴懸の木」と
 2.「もみじ葉鈴懸の木」と
 3.「アメリカ鈴懸の木」
 とがあるが、
 なかなか区別がつかない。

 そこで、
 幹の樹皮がはがれるかどうか、
 という区別と、
 日本でよく植えられるかどうか、
 という区別から、


【よく見かけ、樹皮がはがれてる】
  → 2.の「もみじ葉鈴懸の木」
     (これが多そうですね)

【よく見かけ、樹皮がはがれない】
  → 3.の「アメリカ鈴懸の木」

【たまにみかける】
  → 1.の純粋な「鈴懸の木」


 という区分け方で
 いかがでしょう。
 (はっきりわからなくて
  すいません)。


・別名
 「プラタナス」 (学名から)
   上記3種類とも別名は
   この「プラタナス」です。

 「釦の木(ぼたんのき)」
   実がボタンに似ているから?
    (たしかに似てる)


・似ている葉っぱへのリンク
 砂糖楓(さとうかえで)

 花の木  青桐


・似ている実へのリンク
 楓(ふう)


・「鈴懸」シリーズ
 鈴懸の木  鈴懸草


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.