橘 (たちばな)



タチバナ

(実:みかんより小さい)

2010.11.13  赤塚植物園



写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真6枚)へ
(若い実)

写真集 3(写真7枚)へ
(実、成田山新勝寺)


          ↓ 下へ
・蜜柑(みかん)科。
・学名
  Citrus tachibana
   Citrus : ミカン属
   tachibana : ”タチバナ”

 Citrus(シトラス)は、レモンの木
 に対する古い呼び名。
 これが属名になった。
 学名 C へ


・日本原産。
 柑橘類で日本原産のものは
 橘だけらしい。
・5~6月頃に白い花が咲く。
 5弁花。
・みかんみたいな実。
 かなり酸っぱくて
 食べられないらしい。
・「柑子(こうじ)色」
  → 色 いろいろ へ


・ひな祭りのひな壇には、
 「左近の桜
  (さこんのさくら)」に対して
 「右近の橘
  (うこんのたちばな)」
 がある。
・紋所(もんどころ)としても有名。
 ”橘の紋所”。


■「古事記」にも
 「橘」が出てくる。

 垂仁(すいじん)天皇が、
 田道間守(たじまもり。多遅摩毛理
 の字で書かれることもある)に、
 「非時香菓
  (ときじくのかくのこのみ。
   非時の香の木の実
   とも表現される)」という 
 ”常に良い香りを放つといわれる、
 不思議な実”を探しに行かせた。

 田道間守は9年間もかけて
 なんとかその実を探し当て 
 天皇のもとに持ち帰ったが、
 そのときには
 垂仁天皇は亡くなっていた。

 田道間守は
 悲しみのあまり死んでしまったが、
 人々はその話に感動し
 この「非時香菓」のことを
 「田道間守」の名から
      たじまもり
    → たじま花(はな) 
    → たじばな
    → たちばな
 の名で呼ぶようになった、
 といわれる。


・「は
  実さへ花さへ
  その葉さへ
  枝(え)に霜降れど
  いや常葉(とこは)の樹」
   万葉集
   聖武(しょうむ)天皇

 「の
  花散る里の ほととぎす
  片恋しつつ
  鳴く日しそ多き」
   万葉集 大伴旅人

 「の
  蔭(かげ)ふむ路(みち)の
  八また(やちまた)に
  物をぞ思ふ
  妹(いも)に
  逢(あ)はずして」
   万葉集
   三方沙彌(みかたのさみ)


・蜜柑シリーズ
 みかん へ

・「橘」シリーズ
 橘  御前橘


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.