蒲公英 (たんぽぽ)


(鼓草(つづみぐさ)、
 ダンデライオン)  

(主に「西洋タンポポ」を掲載)

(Dandelion)



タンポポ

(花)

'05. 5.28  江戸川区 清新町



タンポポ

(タネ)

'11. 5.14  調布市 深大寺南町



写真集 1(写真6枚)へ
(花)

写真集 2(写真8枚)へ
(白花タンポポ、関東タンポポ)

写真集 3(写真7枚)へ
(タネ、 葉っぱ)


          ↓ 下へ
・菊(きく)科。
・学名
  Taraxacum officinale
       (西洋タンポポ)
  Taraxacum platycarpum
       (関東タンポポ)

   Taraxacum : タンポポ属
   officinale : 薬用の
   platycarpum : 大きな実の

 Taraxacum(タラクサカム)は、
 アラビア語の
 「tharakhchakon(苦い草)」が
 語源。
 学名 T へ


・開花時期は、 3/10 ~ 5/末頃。
・どこででも見かける
 ポピュラーな花。
・「蒲公英(たんぽぽ)色」
  → 色 いろいろ へ

・関東タンポポと
 西洋タンポポの違い
  → 花のすぐ真下のところが
    ベリッとめくれてるのが
    ”西洋”、
    めくれないのが”関東”。
 都市近辺で見られるのは、
 ほとんどが
 帰化植物の「西洋タンポポ」。
  (花の下のところが
   めくれている)


・種子の冠毛が
 丸く集まっているようすが
 「たんぽ」(綿を丸めて
    布などで包んだもの)に
 似ていることから
 「たんぽ穂」と名づけられ、
 「たんぽぽ」になった。

 漢字の「蒲公英」は漢名から。

・タネは風に乗って飛んでいく。
 耳の中に入れないように
 気をつけましょう。
 タネの様子は、
 姫昔蓬荒地野菊、

 高野箒
 にも似ている。

・英語名は「ダンデライオン」。
 ”ライオンの歯”。
 (フランス語の
   dent de lion から)
 独特の葉のギザギザを、
 荒々しい獅子の歯並びに
 たとえた。


・黄色い花がほとんどだが、
 白花の品種もある。
・たんぽぽの蜜(みつ)は、
 春の花々が咲くまでの
 蝶の貴重な食料となる。

・若い葉を水にさらして
 サラダにできる。
 また、花は
 天ぷらにして食べられる。
 葉を煎じて飲むと
 利尿剤として効く。
 (古くから薬用として
  使われている)


・別名
 「鼓草(つづみぐさ)」
   茎の両端を細かく裂くと、
   そり返って
   鼓のような形になるから。
   また、「たんぽぽ」の名は、
   この鼓をたたいたときの音の
   「たん、ぽんぽん」の
   略が由来、ともいわれる。



・似ている花へのリンク
 地縛  野芥子

 鬼田平子  小車


・「蒲公英」シリーズ
 蒲公英  紫蒲公英(千本槍)


            ↑ 上へ

__________________


雑草コーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.