アブチロン


「アブチロン」は、     
「チロリアンランプ」    
(浮釣木(うきつりぼく))と
 幅広タイプの花の     
 両方の名前。       

(Abutilon, Tyrolean lamp)



アブチロン、チロリアンランプ

「チロリアンランプ」

'05. 9.18  江戸川区 西葛西



アブチロン

(幅広タイプの花)

'06. 1. 6  新宿御苑



写真集 1(写真8枚)へ
(チロリアンランプ)

写真集 2(写真5枚)へ
(チロリアンランプ)
★(定点観測)      
  花が開花していくようす

写真集 3(写真9枚)へ
(幅広タイプの花)


          ↓ 下へ
・葵(あおい)科。
・学名
  Abutilon megapotamicum
    「チロリアンランプ」
  Abutilon x hybridum 
   (幅広の傘タイプの花)

   Abutilon : アブチロン属
   megapotamicum : 
    ブラジルのリオグランデ川の
   hybridum : 雑種の

 Abutilon(アブチロン)は、
 ”家畜の下痢止めに効果がある”
 ということばに由来。
 学名 A へ


・ブラジル原産。
・6月頃から11月頃にかけて、
 いろんな色の花が咲く。

・「チロリアンランプ」は、
 釣りの浮き輪に似ている。
 花が、
 幅広で傘状のタイプもある。
 両者、花の形がだいぶ違うが
 同じ仲間だそうだ。
・昔はこの木の繊維を使って
 布や繊維を作った。 

・別名
 「浮釣木(うきつりぼく)」
 「チロリアンランプ」
   赤い細長の花の方の別名。
   うまく名づけたもんですね。


・似ている花へのリンク
(チロリアンランプに似ている花)
 フクシア

(幅広タイプの花に似ている花)
 夷草(えびすぐさ)  小待宵草

 午時花  紅花苺


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.