待宵草 (まつよいぐさ)


(Evening primrose)

(いろんな待宵草を掲載)



マツヨイグサ

「待宵草」の一種

'11. 8.15  富士河口湖町 西湖 根場



写真集 1(写真7枚)へ
(いろんな待宵草の花)

写真集 2(写真6枚)へ
(いろんな待宵草の花)

写真集 3(写真7枚)へ
(小待宵草)


          ↓ 下へ
・赤花(あかばな)科。
・学名
  Oenothera erythrosepala
      または
  Oenothera glazioviana
        (大待宵草)

  Oenothera stricta
        (待宵草)

  Oenothera laciniata
        (小待宵草)

  Oenothera biennis
        (雌待宵草)

   Oenothera : 
      マツヨイグサ属
   stricta : 硬い、直立の
   biennis : 越年生の

 Oenothera(オエノセラ)は、
 ギリシャ語の 
 「oinos(酒)
  + ther(野獣)」が語源。
 根にブドウ酒のような
 香りがあり、
 それを野獣が好むため、らしい。
 また、「onos(ロバ)
  + thera(狩り)」との
 説もある。
 学名 O へ


・開花時期は、 7/10 ~ 10/15頃。
・北アメリカ地方原産。
・夕方、宵になるのを
 待つようにして花が咲く。


・待宵草の仲間は、
 すごく似ているので、
 同じページ内での扱い
 としました。 
 (名前の特定が難しいので・・。
  すみません♪) 

 「大待宵草」
   (おおまつよいぐさ)
   夏の夕方開花、黄色。
   花は大きい。

 「待宵草」
   (まつよいぐさ)
   夏の夕方開花、黄色。
   花は中型。
   花が終わったあとは、
   赤っぽい色になる。

 「小待宵草」
   (こまつよいぐさ)
   夏の夕方開花、黄色。
   花は中型。
   葉っぱには切れ込みがある。
   花が終わったあとは、
   だいだい色になる。

 「雌待宵草」
   (めまつよいぐさ)
   夏の夕方開花、黄色。
   花は小さい。 
   花びらのつきかたによって
   「雌待宵草」と
   「荒地待宵草
    (あれちまつよいぐさ)」
   に分ける説もある。

 「月見草」も待宵草の仲間だが、
 名前まで特定した写真を
 まだ撮れていません。


・似ている花へのリンク
 昼咲月見草  アブチロン


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.