蕗 (ふき)


(蕗の姑(ふきのしゅうとめ))

(「蕗の薹(ふきのとう)」は、
  蕗の花芽のこと)     

(Butterbur)



フキノトウ

(蕗の薹(ふきのとう))

2005. 2. 4  江東区 南砂



フキ

(花)

2006. 3. 7  江東区 南砂



写真集 1(写真6枚)へ
(蕗の薹、花)

写真集 2(写真6枚)へ
(花)

写真集 3(写真6枚)へ
(花、フキの茎、実)



 ■動画 フキと渓流   
(市川万葉植物園) 6秒 


          ↓ 下へ
・菊(きく)科。
・学名
  Petasites japonicus
   Petasites : フキ属
   japonicus : 日本の

 Petasites(ペタシテス)は、
 ギリシャ語の
 「petasos(つば広の帽子)」
 が語源。
 葉が広く大きいところから。
 学名 P へ


・開花時期は、 2/ 5 ~ 3/末頃。
・「冬黄(ふゆき)」の略で、
 冬に黄色い花をつけることから。

・「蕗の薹(ふきのとう)」
 (花芽)は、
 天ぷらにするとおいしい。
 花が咲く前の
 柔らかいうちがベスト。
 (地面から出てきた直後
  ぐらいの状態のもの)。
 春の代表的な山菜。

・花が咲いてから、
 地下茎を通じてつながっている葉が
 大きく伸びて広がってくる。
   (花と葉が別々につく)。
 この”葉柄”(葉の茎の部分)が
 いわゆる 
 「フキ」として食用になる。
 市販されているものは
 ほとんどが「秋田フキ」と
 呼ばれる、
 葉柄2mほどの大型のもの。
 葉自体は円形。



・「苳」とも書く。
・秋田県の県花(蕗の薹)

・別名
 「蕗の姑」
  (ふきのしゅうとめ)


・「明日よりは
  春菜(わかな)採(つ)まむと
  標(し)めし野に
  昨日も今日(けふ)も
  雪は降りつつ」
   万葉集 山部赤人

 「蕗の薹
  おもひおもひの 夕汽笛」
   中村汀女


・似ている葉へのリンク
 雄宝香(おたからこう)

・「蕗」シリーズ
 蕗  石蕗  鬼蕗


            ↑ 上へ

__________________


山野草・高山植物 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

野菜・果物コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

動画一覧へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.