蛭木 (ひるぎ)


(「漂木」とも書く)


「八重山蛭木(やえやまひるぎ)」
「雄蛭木(おひるぎ)」     
「雌蛭木(めひるぎ)」     



ヤエヤマヒルギ

「八重山蛭木(やえやまひるぎ)」

特徴的な根元部分。      
支柱根(しちゅうこん)と呼ぶ。
多数の枝が出て、木を支える。 

'16.10.30  夢の島熱帯植物館



オヒルギ

「雄蛭木(おひるぎ)」の花とタネ

'16. 2.27  夢の島熱帯植物館



写真集 1(写真5枚)へ
(八重山蛭木)

写真集 2(写真6枚)へ
(八重山蛭木、雌蛭木)

写真集 3(写真8枚)へ
(雄蛭木の花)

写真集 4(写真7枚)へ
(雄蛭木の花、タネ)


          ↓ 下へ
・蛭木(ひるぎ)科。
・学名
  Rhizophora mucronata または
  Rhizophora stylosa
   (八重山蛭木(やえやまひるぎ))
  Bruguiera gymnorrhiza
   (雄蛭木(おひるぎ))
  Kandelia obovata
   (雌蛭木(めひるぎ))

   Rhizophora : 
      オオバヒルギ属
   Bruguiera : オヒルギ属
   Kandelia  : メヒルギ属

   mucronata : わずかに凸頭の
   stylosa : 花柱のある
   gymnorrhiza : 根の裸出した
   obovata : 倒卵形の

 Rhizophora は、
 「rhiza(根)+
  phoreo(有する)」に由来。
 学名 R へ

 Bruguiera は、
 18世紀のフランスの医者
 「Bruguieresさん」の
 名前にちなむ。
 学名 B へ

 学名 K へ


・亜熱帯の、海岸や河口近くの、
 海水と淡水が混ざるような
 泥地に生える。
 マングローブの一種。
  (Mangrove)


・「八重山蛭木(やえやまひるぎ)」は
   沖縄以南に、
 「雄蛭木(おひるぎ)」は
   奄美地方以南に、
 「雌蛭木(めひるぎ)」は
   九州南部以南に生える。


・「八重山蛭木(やえやまひるぎ)」の
 根元部分は
 多数の枝が出て木を支える、
 特徴的な形。
 「支柱根(しちゅうこん)」と呼ぶ。


・別名
 「八重山蛭木(やえやまひるぎ)」
   の別名は
  「大葉蛭木(おおばひるぎ)」。

 「雄蛭木(おひるぎ)」の別名は
  「赤花蛭木(あかばなひるぎ)」。

 「雌蛭木(めひるぎ)」の別名は
  「琉球笄」
    (りゅうきゅうこうがい)。
    笄(こうがい)は
    かんざし、の意味

・「蛭木」は「漂木」とも書く。


・「雄蛭木(おひるぎ)」の花は、
 ざくろの実に似ている。

・似ている根元へのリンク
 タコの木


            ↑ 上へ

__________________


海辺の花 コーナーへ

温室、観葉植物 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.