石榴 (ざくろ)


(「柘榴」とも書く)

(Pomegranate)



ザクロ

(花)

'05. 6.25  葛西親水四季の道



ザクロ

(実)

'02. 9.27  江東区 南砂



写真集 1(写真8枚)へ
(若葉、つぼみ、花)

写真集 2(写真7枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 3(写真7枚)へ
(実)

写真集 4(写真7枚)へ
(実)

写真集 5(写真9枚)へ
(実、タネ)

写真集 6(写真5枚)へ
(秋の黄葉)

写真集 7(写真6枚)へ
(姫ザクロ)

写真集 8(写真9枚)へ
(八重の花のつぼみと花)


          ↓ 下へ
・石榴(ざくろ)科。
・学名
  Punica granatum(石榴)
   Punica : ザクロ属
   granatum : 粒状の

 Punica(プニカ)は、
 ラテン語の 
 「punicus(カルタゴの)」
 が語源。
 ザクロの原産地が
 カルタゴだったのかも。
 (カルタゴは、北アフリカの
  今のチュニジアあたり)。
 学名 P へ


・開花時期は、 6/ 5 ~ 7/20頃。
・西南アジア原産。
 日本へは10~11世紀頃渡来。
・若葉は赤いのでよく目立つ
     (4月頃)。 
 なぜ若葉が赤くなるかは、
 紅要黐(べにかなめもち)ご参照。

・呼び名の由来は
 はっきりしないが、
 おもしろい説として、
 原産地近くの 
 ”ザグロブ山”の名前が由来、
 というのがある。 


・実(み)は食べられる。
 おもしろい形。
 不規則に裂けている。
 種(タネ)が多いことから、
 アジアでは昔から  
 子孫繁栄、豊穣のシンボルだった。
 また、実を煎じた液で
 うがいをすると
 扁桃腺炎に効き、
 陰干しした花や実を煎じて飲むと
 下痢止めになる。

・実に残る”帽子状”の
 ガクの部分は
 冠にも似ており
 王冠をいただく果物として
 権威の象徴にもなった。
 昔のソロモン王の宮殿の柱頭には
 このザクロが  
 デザインされたという。

・男性陣の中にいる、
 唯一の女性のことを
 「紅一点」というが、
 これは、中国の王安石が、
 石榴の林の中に咲く花を
 詠んだ詩から出た言葉。

・リビアの国花。

・「姫石榴(ひめざくろ)」は、
 ふつうの柘榴より
 花や葉っぱが小さく、
 花は少し遅めで
 夏から秋にかけて咲く。

・「柘榴」とも書く。


・「鈴なりの
  石榴いろづき 埃風の
  なかに揺るるよ
  その赤き実が」
   大橋松平

 「ざくろの実
  いまだ青しと 待ちしより
  今日雨にぬるる 大き紅」
   佐藤佐太郎


・実の形が、
 雄蛭木(おひるぎ)の花に似ている。


            ↑ 上へ

__________________


野菜・果物コーナーへ

色や模様が変わる葉っぱコーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

世界の国花コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.