柿 (かき)


(Persimmon tree,
 Kaki tree)     



カキ

(実)

'03.11.16  葛西親水四季の道



写真集 1(写真8枚)へ
(新緑)

写真集 2(写真7枚)へ
(花)

写真集 3(写真9枚)へ
(実の色づく過程)

写真集 4(写真7枚)へ
(実)

写真集 5(写真6枚)へ
(干し柿)


          ↓ 下へ
・柿の木科。
・学名
  Diospyros kaki
   Diospyros : カキノキ属
   kaki : 柿(日本名)

 Diospyros(ディオスピロス)は
 ギリシャ語の
 「Dios(神、ジュピター)
  + pyros(穀物)」
 が語源で、
 ”神の食べ物”の意味。
 学名 D へ


・秋の果物。
 甘柿(富有、次郎、
    江戸一、御所等)、
 渋柿(西条、平核無等)
 がある。
 実の表面に黒い斑点が
 ポツポツあるものは
 どちらかというと
 「甘い」そうだ。
・「柿(かき)色」
  → 色 いろいろ へ


・春の新緑若葉は
 とてもすばらしい色で、
 林の中でよく目立つ。
・葉は”柿の葉のお茶”
 としても使われる。


・花はあまり目立たない。
 5月頃に咲く。
 花は終わりかけになると
 ボトボトッと
 音をたてて地面にどんどん落ちる。
 その場に居合わせると壮観。

 時期はだいたい
 5月下旬から6月初め頃。
 梅雨の前。
 「柿花落」は
 その頃の季語だったと思う。

 この、花が落っこちてくるようすは
 青桐も同じ。


・秋に紅葉する「赤」い葉と
 「黄」色の実から、
 「赤黄」→ 「あかき」
   → 「かき」になった、
 という説がある(名前の由来)。


・「   3年、

  柿8年、は酸い酸い13年、 

  柚子は大馬鹿18年、

  林檎ニコニコ25年」。

 実を結ぶ時期のこと。
 何事も、時期が来なくてはできない
 というたとえ。
 ただし柿は鉢作りなら
 3~4年くらいで結実するらしい。


・英語では
 「パーシモン(persimmon)」。
 ゴルフのクラブの
 ヘッドの材料として
 柿の木が使われた時期があった。
 (パーシモンヘッド)。
 柿の木の前には
 「ブナの木」が使われていた。


・劇場が新築されてから
 初めて行われる劇のことを
 「柿落とし(こけらおとし)」
 という。

 この場合の「柿」の字は、
 右側の「市」の部分の縦棒が
 上から下まで突き抜けている字で、
 「こけら」と読み、
 「材木のけずりくず」などを
 意味する。   
 新築、改築工事の最後に
 足組みなどの
 柿(こけら:
   材木のけずりくず)を
 払い落としたところから。


・「食へば
  鐘が鳴るなり 法隆寺」
   正岡子規

 「食ふや
  遠くかなしき 母の顔」
   石田波郷

 「おりたちて
  今朝の寒さを 驚きぬ
  露しとしとと の落葉深く」
   伊藤左千夫


・「柿」シリーズ
 柿  柿蘭  柿葉草


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

野菜・果物コーナーへ

色 いろいろ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.