金瘡小草 (きらんそう)


(金襴草(きらんそう)とも書く)

(地獄の釜の蓋      
 (じごくのかまのふた)、
 弘法草(こうぼうそう))



キランソウ、ジゴクノカマノフタ

(花)

'07. 3.28  小石川後楽園



写真集(写真6枚)へ
(花)


          ↓ 下へ
・紫蘇(しそ)科。
・学名
  Ajuga decumbens
   Ajuga : キランソウ属
   decumbens : 
      横臥した、伏した

 Ajuga(アジュガ)は、
 ギリシャ語の  
 「a(無)+jugos(束縛)」
 が語源。
 学名 A へ


・野原などでふつうに見られる。
・茎は地上を這う。
・春、濃い紫色、または青色の
 唇形の花が咲く。

・「き」は紫の古語で「らん」は
 藍色の意味で、花の色から
 こう名づけられたとも。

・「金襴草」とも書く。
 名の由来は、
 草むらに咲きひろがる様子が、
 ”金襴(きらん)”の織物の
 切れはしのように
 見えるところから。


・別名

 「地獄の釜の蓋
  (じごくのかまのふた)」

   すごい名前ですね。
   墓地などにもよく生えていて
   お彼岸のころにこの茎や葉が
   べったりと地を覆うさまを、
   特に誇張して
   名づけたとのこと。
   また、薬効があるため、
   地獄へ行く釜に
   ふたをするほどの効き目、
   とのことで
   名づけられたとも。

 「弘法草(こうぼうそう)」
   弘法大師が、
   この草が薬になることを
   教えたことから。
   煎じた汁は
   風邪薬や高血圧の薬になる。



・似ている花へのリンク
 垣通  アジュガ


            ↑ 上へ

__________________


山野草・高山植物 コーナーへ

珍名コーナーへ
    (地獄の釜の蓋)

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.