蒟蒻 (こんにゃく)


(砂払い(すなばらい))

(+ ショクダイオオコンニャク)
燭台大蒟蒻



コンニャク

(コンニャクの花)

'05. 5. 5  向島百花園



コンニャク

(燭台大蒟蒻の花序)

'16. 8.13  筑波実験植物園



写真集 1(写真6枚)へ
(芽、葉っぱ)

写真集 2(写真4枚)へ
(葉っぱ、茎)

写真集 3(写真8枚)へ
(花、実、こんにゃく玉)

写真集 4(写真4枚)へ
(燭台大蒟蒻)

写真集 5(写真9枚)へ
(燭台大蒟蒻)


          ↓ 下へ
・里芋(さといも)科。
・学名
  Amorphophallus rivieri
    var. konjac(こんにゃく)

   Amorphophallus :
        コンニャク属
   konjac : コンニャク
 学名 A へ


・東南アジア原産。
 奈良時代に渡来した。
・主産地は北関東、福島地方。

・山間の畑で栽培される。
 地下部分に「こんにゃく玉」
 と呼ばれる球茎ができて、
 これを原料として
 あのふにゃふにゃの
 「こんにゃく」ができる。

・花はちょっと
 グロテスクな形で茶色。
 地下の球茎
 「こんにゃく玉」が
 何年もたって 
 かなり大きくなると咲くようだ。

・別名
 「砂払い(すなばらい)」
   こんにゃくを食べると
   体内の砂が出る、
   という言い伝えから。


・コンニャクの仲間で
 「燭台大蒟蒻」
  (しょくだいおおこんにゃく)
 というのがあり、
 巨大な花で、ごくまれに咲く。
 植物園で開花したときには
 ニュースになる。
 (花序を写真集に掲載)


・「こんにゃくの
  さしみも些し(すこし)
  うめの花」
   松尾芭蕉


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

野菜・果物コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.