縷紅草 (るこうそう)


(「留紅草」とも書く)

(Star glory,  
 Cypress vine,
 Quamoclit)   

(+ 羽衣縷紅草      
  (はごろもるこうそう)、
   丸葉縷紅草      
  (まるばるこうそう)) 



ルコウソウ

「縷紅草(るこうそう)」

'10. 7.24  神代植物公園



ハゴロモルコウソウ、モミジバルコウソウ

 「羽衣縷紅草」  
(はごろもるこうそう)または
 「紅葉葉縷紅草」  
(もみじばるこうそう)

'05. 9.10  江東区 南砂



マルバルコウソウ

「丸葉縷紅草(まるばるこうそう)」

'16.10.16  多摩市 小野神社



写真集 1(写真9枚)へ
(縷紅草)

写真集 2(写真8枚)へ
(羽衣縷紅草)

写真集 3(写真9枚)へ
(丸葉縷紅草)


          ↓ 下へ
・昼顔(ひるがお)科。
・学名
  Ipomoea quamoclit
       または
  Quamoclit pennata
       (縷紅草)

  Ipomoea × multifida
       または
  Quamoclit sloteri
       (羽衣縷紅草、
        紅葉葉縷紅草)

  Ipomoea coccinea
       (丸葉縷紅草)


   Ipomoea : サツマイモ属
   Quamoclit : ルコウソウ属
   pennata : 羽状の
   multifida : 多数に中裂した
   coccinea : 緋紅色の


 Ipomoea(イポメア)は、
 ギリシャ語の 
 「ips(芋虫)
  + homoios(似た)」が語源。
 物にからんで
 這い登るところに由来。
 (Pharbitis
  (ファルビティス属)との
   説もあり)
 学名 I へ

 Quamoclit
 (クアモクリット)は、
 ギリシャ語の
 「kyamos(豆)
  + clitos(低い)」が語源。
 豆の植物のようにつる性で伸び
 背が低いことから。
 学名 Q へ


・熱帯アメリカ地方原産。つる草。
・いろいろな品種があり、
 夏から秋にかけて、
 星形または5角形の5弁花が咲く。

・品種のそれぞれ。

(1)
 「縷紅草(るこうそう)」
   葉は線状で、
   魚の骨みたいに細い。
   花は星形。

(2)
 「羽衣縷紅草」  
  (はごろもるこうそう)または
 「紅葉葉縷紅草」
  (もみじばるこうそう)
   葉は、もみじのような形。
   花は5角形。

(3)
 「丸葉縷紅草」  
  (まるばるこうそう)
   だいだい色。
   葉はハート形。


・「縷紅草」の名の由来は、
 糸のように細い葉で、
 赤い花を咲かせるところから。
 (縷 = 糸のように細長いもの)

・「縷紅草」は「留紅草」とも書く。


            ↑ 上へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.