皂莢 (さいかち)


(「梍」とも書く)

(+ 唐皂莢(とうさいかち))



サイカチ

サイカチの実。ひょろひょろ。

'16. 8.13  筑波実験植物園



写真集 1(写真9枚)へ
(葉っぱ、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(ひょろひょろの実)

写真集 3(写真5枚)へ
(実、幹のとげ)

写真集 4(写真6枚)へ
(唐皂莢(とうさいかち))


          ↓ 下へ
・豆科。
・学名
  Gleditsia japonica(サイカチ)
  Gleditsia sinensis
         (トウサイカチ)

   Gleditsia : サイカチ属
   japonica : 日本の
   sinensis : 中国の

 Gleditsia
 (グレディッツィア)は、
 18世紀のドイツの
 植物学者「Gleditsch さん」の
 名前にちなむ。
 学名 G へ


・山野などに生え、大木になる。
・実は細長い。
 中の水分が抜けたように
 ひょろひょろの形になることが多い。
         (サイカチ)
 せっけんの代用、漢方薬となる。

 トウサイカチの実は
 ひょろひょろにはならず
 まっすぐ伸びる。


・材は器具類になる。 

・幹にある”とげ”の形が強烈。
 (動物などが近づけないように
  しているのでしょうか)
 トゲは
 蛇結茨(じゃけついばら)に似る。

・「皂莢」は「梍」とも書く。


・「皂莢(かはらふぢ)に
  延(は)ひおほどれる
  屎葛(くそかづら)
  絶ゆることなく
  宮仕(みやづかえ)せむ」
   皂莢 = さいかち
   万葉集

 「皂莢(さいかち)に
  秋の日落つる 小窓かな」
   正岡子規


・似ている実へのリンク
 藤豆

・”石鹸”シリーズ
 ムクロジ  サイカチ


            ↑ 上へ

__________________


けやきなどの高木 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.