山椒 (さんしょう)


(椒(はじかみ))

(Japanese pepper)



サンショウ

(若葉)

春の若葉は、        
料理で「木の芽」と呼ばれる。

2012. 4. 6  江東区 南砂



サンショウ

(実と、黒いタネ)

2005. 9.20  江東区 東砂



写真集 1(写真7枚)へ
(若葉、花)

写真集 2(写真9枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真10枚)へ
★(定点観測)実が色づく過程

写真集 4(写真7枚)へ
(実、タネ)

写真集 5(写真4枚)へ
★(定点観測)実からタネが出る

写真集 6(写真7枚)へ
(実、タネ、黄葉)


          ↓ 下へ
・蜜柑(みかん)科。
・学名
  Zanthoxylum piperitum
   Zanthoxylum : 
      サンショウ属
   piperitum : 
      コショウのような
 学名 Z へ


・ふつう、枝にはトゲがある。
・葉はもむと芳香が出る。
 春の若葉は、
 料理で「木の芽」と呼ばれる。

・春、黄色い5弁花が咲く。
・実は秋に赤くなり、
 割れて黒い種子が現れる。


・「山椒は小粒でもピリリと辛い」
 というぐらい辛い実。
 タネを包む殻の部分が使われる。
 殻を干してから
 すりつぶして粉にしたものが
 香辛料(スパイス)になる。
 (うなぎの蒲焼なんかに
  ふりかけますね)。
 辛味成分には
 健胃や駆虫の薬効がある。

 麻婆豆腐の専門店では、
 テーブル脇にこの山椒の
 ふりかけ瓶が
 置いてあることがある。
 かけ放題♪(辛いぞー)


・黒いタネは鳥の好物。
 鳥に食べられて
 タネが遠くに運ばれる。


・「山椒は小粒でもピリリと辛い」
 ということわざは、
 山椒の実は小さくても
 すごく辛いのを、
 体が小柄でも
 頭の働きが鋭い人にたとえたもの。


・別名
 「椒(はじかみ)」
 「椒」の字は、古くから
 辛いものの呼称に使われており、
 ”山の辛いもの”を意味する命名。


・「山椒」シリーズ
 山椒  山椒薔薇  犬山椒

・「七味唐辛子
 (しちみとうがらし)」シリーズ
 唐辛子


            ↑ 上へ

__________________


お正月用語へ

野菜・果物コーナーへ

薬草(薬用植物)コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.