土筆 (つくし)


(「付子」とも書く)



ツクシ

(土筆とスギナ(緑色の草))

'09. 3.21  向島百花園



写真集 1(写真7枚)へ
(土筆、スギナ)

写真集 2(写真6枚)へ
(土筆、スギナ)


          ↓ 下へ
・木賊(とくさ)科。
・学名
  Equisetum arvense
     (杉菜(すぎな))

   Equisetum : トクサ属
   arvense : 原野生の

 Equisetum は、ラテン語の
 「equus(馬)
  + saeta(刺毛)」
 が語源で、
 たくさん輪生するスギナの
 細い枝の形を
 馬のしっぽにたとえた。
 学名 E へ


・春、3月から4月頃、
 あき地でときどき見かける。

・正しくは「杉菜(すぎな)」の
 胞子茎(ほうしけい)と
 いうもので、
 「付子」とも書く。
 食べられる(油いため)。
 この土筆に引き続いて、
 細い線状の
 緑の葉っぱが出てくる。

 両方とも地下で
 つながっているが、
 土筆は出てこないで
 「杉菜」がいっぱい
 生えてくるケースが多い。
 (土筆はあまり見かけない)。

  土筆(つくし)
   = 茶色の胞子茎。3月頃。
  杉菜(すぎな)
   = 緑色の細い葉。4月頃。


・「つくし」の名は、
 「澪標(みおつくし)」
 (船が港へ入る通路を
  示した杭)の
 「つくし」で、
 突き立った杭のように
 見えることから。

 また、「突く突くし
 (”突き伸びる”)」が
 由来とも。
 漢字の「土筆」は、
 土に刺した筆のような姿、から。

・蔓穂(つるぼ)の、
 開花直前の姿にそっくり。


・「くれなゐの
  梅ちるなべに
  故郷(ふるさと)に
  つくしつみにし
  春し思ほゆ」
   正岡子規


・似ている茎へのリンク
 木賊(とくさ)

 デンドロビウム


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.