蔦 (つた)


(アイビー、夏蔦(なつづた)、
 地錦(じにしき))     

(Ivy)



ツタ

(葉っぱが色づいた)

'07.11.11  江戸川区 江戸川球場



写真集 1(写真8枚)へ
(葉っぱ)

写真集 2(写真6枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真8枚)へ
(実)

写真集 4(写真7枚)へ
(紅葉、園芸品種)


          ↓ 下へ
・葡萄(ぶどう)科。
・学名
  Parthenocissus
  tricuspidata

   Parthenocissus : ツタ属
   tricuspidata : 
      三凸頭の、三尖頭の

 Parthenocissus
 (パルセノキッサス)は、
 ギリシャ語の 
 「parthenos(処女)
  + cissos(ツタ)」
 が語源。
 学名 P へ


・つる性でどんどん伸びる。
・山林や岸壁などに自生するが、
 街中でもときどき見かける。
・葉は浅く三裂し、光沢あり。

・巻きひげの吸盤で
 樹木や壁を伝うことから
 「つたう」(伝)の意味で
 「つた」になった。 
 壁にはわせると
 夏は建物の中が涼しくなる効果が
 あるらしい。
 松林のなかでは
 松にどんどんよじ登って、
 つるを伸ばす。


・夏に、小さい地味な花が咲き、
 秋に、黒っぽいぶどうに似た
 実がなる。
・秋の紅葉も美しい。

・昔は蔦を甘葛(あまずら)と呼び、
 早春につるを切って樹液を集め
 煮詰めて甘味料を作った。
・中国名は「常春藤」。


・別名

 「アイビー」
   ローマ神話に出てくる、
   不死の神の”バッカス”が
   かぶっている冠は 
   月桂樹と
   このアイビーでできている。

 「夏蔦(なつづた)」 
   うこぎ科で常緑の
   木蔦(きづた、
    別名 冬蔦(ふゆづた))
   と区別してこう呼ばれる。 

 「地錦(じにしき)」
   古くからの呼び名。


・「わが恋は
  深山の松に 這ふの
  繁きを人の
  問はずぞありける」
   金槐和歌集 源実朝


・似ている葉へのリンク
 ポトス  隠れ蓑(かくれみの)

・「蔦」シリーズ
 蔦  木蔦


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

「紅葉がきれい」コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.