楮 (こうぞ)


(+ 姫楮(ひめこうぞ))



コウゾ、ヒメコウゾ

(つぶつぶの実)

'11. 6.14  江東区 新砂



写真集 1(写真3枚)へ
(楮)

写真集 2(写真8枚)へ
(姫楮の花、若い実)

写真集 3(写真4枚)へ
(姫楮のひらひらの実)

写真集 4(写真9枚)へ
(姫楮のつぶつぶの実)

写真集 5(写真3枚)へ
(姫楮の葉っぱ、樹皮)


          ↓ 下へ
・桑(くわ)科。
・学名
  Broussonetia kazinoki(コウゾ)
   Broussonetia : コウゾ属
   kazinoki : カジノキ
   (梶の木と間違えて
    名づけられたらしい)

 Broussonetia
 (ブラウソネッティア)は、
 18世紀のフランスの、
 医師かつ自然科学者の
 「Broussonet さん」に
 ちなんだ名前。
 学名 B へ


・山野などに生える。
・本州以南に分布。
・4~5月頃に花が咲く。
・6月頃、木イチゴに似た、
 つぶつぶの実がなる。甘い。


・「楮(こうぞ)」と
 「姫楮(ひめこうぞ)」は
 品種的には別種だが、
 「楮」の別名を「姫楮」とする図鑑も
 あるため、当サイトでは
 「楮」ページとして紹介します。

 ほんとの分け方は、下記。
 「楮(こうぞ)」
  (雄花と雌花が別の木)
 「姫楮(ひめこうぞ)」
  (雄花と雌花が同じ木)

 雄花と雌花が別の木の「楮」は
 実際に花が咲く状態のものは
 ほとんどないようだ。
 よって、ふだん見かけるのは
 ほとんどが「姫楮」。


・樹皮の繊維は
 和紙の原料になるため、
 各地で栽培される。
 製紙原料の中で最も強く良質、
 といわれている。
 「日本書紀」には、
 610年(1400年前!)に
 高麗の僧が製紙技術を日本に
 もたらしたとあるらしい。
 栽培種の楮も、
 このとき渡来したと思われる。

 その後、和紙のことを、
 「楮紙(こうぞし)」
 と呼ばれるほど、楮は
 和紙の代表的な原料となった。


・名前は、
   「紙麻(かみそ)」
  →「かみぞ」
  →「こうぞ」
 に変化したとの説あり。

・別名
 「紙の木(かみのき)」
   製紙原料になることから。


・似ている実へのリンク
 木イチゴ  梶の木  


・紙の原料シリーズ
 パピルス  三叉  こうぞ

 のり空木  とろろあおい

 紙八手  ケナフ


            ↑ 上へ

__________________


けやきなどの高木 コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.