三叉 (みつまた)


(「三椏」とも書く)

(+ 赤花三叉(あかばなみつまた))



ミツマタ

「三叉(みつまた)」

'05. 3.12  江戸川区 清新町



アカバナミツマタ

「赤花三叉(あかばなみつまた)」

'05. 4. 9 小田原市入生田の紹太寺



写真集 1(写真8枚)へ
(つぼみ、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真8枚)へ
(枝、葉っぱ、赤花三叉)


          ↓ 下へ
・沈丁花(じんちょうげ)科。
・学名
  Edgeworthia chrysantha
   Edgeworthia : ミツマタ属
   chrysantha : 黄色の花の

 Edgeworthia
 (エッジワーシア)は、
 イギリスの植物学者
 「Edgeworth 夫妻」の
 名前にちなむ。
 学名 E へ


・開花時期は、 3/ 5 ~ 4/10頃。
・原産地は
 中国中南部、ヒマラヤ地方。
 江戸時代初期に渡来した、
 とされるが、
 万葉集の「さきくさ」の名で
 歌われているのがミツマタである、
 との説があり、
 渡来時期が万葉時代以前なのか
 江戸時代なのかは
 確定していない模様。


・花芽は、
 ちょっと不気味な、不思議な形。
・花は、蜂の巣が
 ぶら下がったような形。
・枝が3本ずつ分岐する。
 (不思議!)
 これが名の由来♪


・樹皮には強い繊維があり、
 和紙の原料になる。
 しわになりにくく高級で、
 また虫害にもなりにくいので、
 1万円札などの紙幣や証紙など
 重要な書類に使われる。

 1876年(明治9年)に、
 政府印刷局で三叉を原料として
 紙幣を作ってから、
 三叉の利用度は
 非常に高くなった。
 紙幣以外でも、
 証書・地図用紙・コピー紙など
 各種の紙とその原料として
 幅広く使われている。


・「三椏」とも書く。
 「椏」は”あ”とも読み、
 「木の股」の意味がある。

・「赤花三叉
 (あかばなみつまた)」は、
 戦後、愛媛県の栽培地で
 発見され、
 今では黄色花とともに
 よく栽培されている。


・「春されば
  まず三枝(さきくさ)の
  幸(さき)くあらば
  後(のち)にも逢はむ
  な恋(こ)ひそ
  吾妹(わぎも)」
   柿本人麻呂


・似ている花へのリンク
 七変化(ランタナ)


・紙の原料シリーズ
 パピルス  三叉  こうぞ

 のり空木  とろろあおい

 紙八手  ケナフ



            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

名前に「数字」を含む花へ
     (三)

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.