杉 (すぎ)


(+ 秋田杉、北山杉 等)

(Japanese cedar)



スギ

(花のつぼみ)

'08. 1. 8  中央区 新川



写真集 1(写真5枚)へ
(葉っぱ、花芽)

写真集 2(写真6枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真8枚)へ
(秋田杉、神宮杉、立山杉、
北山杉、やなせ杉)



 ■動画 スギ花粉の飛散
(中央区新川) 3秒


          ↓ 下へ
・杉科。
・学名
  Cryptomeria japonica
   Cryptomeria : スギ属
   japonica : 日本の

 Cryptomeria
 (クリプトメリア)は、
 ギリシャ語の
 「cryptos(隠れた)
  + meris(部分)」が語源。
 学名 C へ


・針葉樹の高木。日本特産。
・山地で広く植林されている。
・由来は、
 すくすくと生長する木
 の意味から「すぎの木」、
 また、
 幹がまっすぐ伸びることから
 「直木(すき)」が
 変化した、などの説がある。

・材は柔らかく、
 家を作る建具材料として
 使われる。  
・割った板を組み合わせて
 大きな酒樽を作ったり、
 葉は粉にして線香の原料とする。

・九州の屋久島にある
 「屋久杉(やくすぎ)」は長寿で、
 樹齢3000年とも
 いわれている♪


・秋田県の県の木
  (秋田杉(あきたすぎ))
 富山県の県の木
  (立山杉(たてやますぎ))
 三重県の県の木
  (神宮杉(じんぐうすぎ))
 京都府の県の木
  (北山杉(きたやますぎ))
 奈良県の県の木(杉)

 高知県の県の木
  (魚梁瀬杉(やなせすぎ))



・早春に咲く花が、
 国民病ともいわれる
 「杉花粉症」を引き起こす。
 (鼻炎♪ 目がかゆいです)。


★【花粉症の原因植物
   いろいろ(開花時期)】

  杉
    3、4、5月
  檜(ひのき)
    4、5月
  雀の鉄砲
  (すずめのてっぽう)
    4、5、6月
  鴨茅(かもがや、
     オーチャードグラス)
    6、7月
  細麦(ほそむぎ)
    6、7月
  春茅(はるがや)
    6、7、8月
  大粟還(おおあわがえり、
      チモシーグラス)
    6、7、8、9月
  豚草(ぶたくさ)
    9、10、11月
  鉄葎(かなむぐら)
    10月
  蓬(よもぎ)
    10、11月


・「何時の間も
  神さびけるか 香具山の
  鉾杉(ほこすぎ)がもとに
  こけむすまでに」
   万葉集
   鴨足人(かものたりひと)

 「古(いにしへ)の
  人の植ゑけむ
  が枝(え)に
  霞(かすみ)
  棚引く(たなびく)
  春は来ぬらし」
   万葉集

 「味酒(うまさけ)を
  三輪の祝(ほふり)が
  いはふ
  手触れし罪か
  君に逢ひ難(がた)き」
   万葉集

 「東路の
  関守る神の 手向けとて
  に矢たつる 足柄の山」
   金槐和歌集 源実朝


・針葉樹シリーズ
  杉    

 犬榧    ヒマラヤ杉

       カラマツ

 ハイビャクシン  島南洋杉


・日本三大美林
 青森の檜葉(ひば)  秋田杉

 木曽の檜(ひのき)


            ↑ 上へ

__________________


けやきなどの高木 コーナーへ

俳句・短歌コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

動画一覧へ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.