立葵 (たちあおい)


(葵(あおい)、ホリホック)

(Hollyhock)



タチアオイ

(花と葉っぱ)

'10. 7. 4  板橋区 成増



写真集 1(写真9枚)へ
(若葉、つぼみ)

写真集 2(写真9枚)へ
(花)

写真集 3(写真7枚)へ
(花、実、タネ)


          ↓ 下へ
・葵(あおい)科。
・学名
    Althaea rosea
      Althaea : アルテア属
      rosea : バラのような

  Althaea(アルテア)は、
  ギリシャ語の
  「althaino(治療)」が語源。
  薬効があることから。
  学名 A へ


・開花時期は、 5/25 ~  8/末頃。
・小アジア、または中国の原産。
・中国の唐の代以前は
  「蜀葵(しょくき)」の
  名前で名花とされた。
  日本では、
  平安時代は「唐葵」と呼ばれたが
  江戸時代に今の「立葵」になった。
・人の背丈以上になり、
  ぐんぐん伸びる。


・「葵」とはふつう、
  この「立葵」のことを指すらしい。
  「あおい」は、葉がどんどん
  太陽の方に向かうところから、
  「あうひ」(仰日)の意。

  京都で毎年5月15日に行われる
  「葵祭り(あおいまつり)」の
  「葵」は
  この「立葵」ではなく、
  江戸徳川家の紋所として知られる、
  「双葉葵(ふたばあおい)」
  のこと。


・別名
  「葵(あおい)」
  「花葵(はなあおい)」
  「梅雨葵(つゆあおい)」
  「唐葵(からあおい)」

  「ホリホック」
  「ホリーホック」
      英名。
      ”ホリーホック聖地”から
      きており、
      12世紀頃の十字軍が
      シリアからこの花を
      持ち帰ったことから。


・「梨棗(なしなつめ)
    黍(きみ)に
    粟(あは)嗣(つ)ぎ
    延(は)ふ  田葛(くず)の
    後も逢(あ)はむと
    葵(あふひ)花咲く」
      万葉集

  「くやしくぞ
    つみをかしける  あふひ草
    袖のゆるせる
    かざしならぬに」
    源氏物語 柏木


・似ている花へのリンク
  木槿   芙蓉   浜朴


・「葵」シリーズ
  立葵   寒葵   銭葵

  双葉葵   山葵(わさび)


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.