楠 (くす、くすのき)


(「樟」とも書く)



クス、クスノキ

(全体)

'06. 5.20  水元公園



クス、クスノキ

(実と葉っぱ)

'12.11. 5  江東区 東砂



写真集 1(写真7枚)へ
(若葉、つぼみ)

写真集 2(写真9枚)へ
(花、実)

写真集 3(写真7枚)へ
★(定点観測)実が色づく過程

写真集 4(写真5枚)へ
(実、紅葉)

写真集 5(写真7枚)へ
(本郷弓町、上野東照宮、
 明治神宮の巨木)   


          ↓ 下へ
・楠(くすのき)科。
・学名
  Cinnamomum camphora
   Cinnamomum : クスノキ属
   camphora : 樟脳

 Cinnamomum(シナモマム)は、
 ギリシャ語の   
 「cinein(巻く)
  + amomos(申し分ない)」
 が語源で、   
 曲がりながら巻く形の皮と、
 その芳香に由来。  
 学名 C へ


・関東以西の暖地に自生する。
・すごく背が高くなる。
・神社によく植えられ、
 「ご神木」になったものもある。

・晩春に黄色い小さな花が咲く。
  (ほとんど目立たない)

・実は秋10月頃に黒く熟す。
 鳥の好物らしく、黒くなったら
 数日で全部食べられてた、
 というのを何回も目撃した。


・枝や葉に
 樟脳(しょうのう)の香りがある。

 【樟脳】
   クスノキから得られる、
   無色透明の固体のこと。
   防虫剤や医薬品などに
   利用される。
   いわゆる”カンフル”のこと。

・材は樟脳油をとるほか、
 家具や細工物に使われる。
・樹皮には割れ目がある。

・「樟」とも書く
   (樟脳の樟、漢名から)。


・しわしわで、脈の線が
 はっきりしている葉っぱが特徴。
 (3脈のみがはっきりしている場合は
  「クスノキ」ではなく
  「肉桂(ニッケイ)」の
  可能性がありますが、
  街路樹として植えられているのは
  ほとんどが「クスノキ」の方だと
  思います)


・霊妙な木、神秘的な木、
 という意味の
 「奇(くす)しき木」から
 この名になった。

・「なんじゃもんじゃ」の
 別名もついている。
 → 参考 なんじゃもんじゃの木

・佐賀県の県花、県の木(楠)
 兵庫県、熊本県の県の木(楠)


・似ている花へのリンク
 小米空木

・似ている葉へのリンク
 白梻(しろだも)  肉桂

・「楠」シリーズ
 楠  犬楠(たぶの木)


            ↑ 上へ

__________________


けやきなどの高木 コーナーへ

都道府県の花・木 コーナーへ

薬草(薬用植物)コーナーへ

定点観測した花・実のコーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  紅葉がきれい

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.