薄 (すすき)


(尾花(おばな)、茅(かや))

(秋の七草の一つ)

(Japanese pampas grass)



ススキ

(風になびく穂)

'04.10.17  葛西臨海公園



写真集 1(写真6枚)へ
(穂、花)

写真集 2(写真8枚)へ
(穂)

写真集 3(写真8枚)へ
(ススキ草原)

写真集 4(写真3枚)へ
(常磐すすき)


秋の七草へ


          ↓ 下へ
・稲(いね)科。
・学名
  Miscanthus sinensis(ススキ)
   Miscanthus : ススキ属 
   sinensis : 中国の

 Miscanthus(ミスカンサス)は
 ギリシャ語の    
 「mischos(小花の柄)
  + anthos(花)」
 が語源。 
 学名 M へ


・秋の月見のおそなえとして
 欠かせないもの。
 【中秋の名月】(十五夜)には
 収穫物と一緒に供えられるが
 収穫物を悪霊から守り、
 翌年の豊作を祈願する意味がある。
 (【中秋の名月】は下記参照)

・屋根材のほかにも、
 炭俵用、家畜の飼料用
 などとしてもよく利用される。

・ススキの「スス」は、
 葉がまっすぐに
 すくすく立つことを表わし、
 「キ」は芽が萌え出でる意味の
 「萌(キ)」だと言われている。
       (諸説あり)。


・箱根の仙石原や、
 奈良の若草山で行われる
 「山焼き」は、
 ススキを野焼きすること。
 春先に行う。
 この野焼きをしないと、
 ススキの草原には
 次第に樹木が侵入し、
 ススキの原として
 維持することができなくなるので、
 一年に一度全部焼き払って
 ススキ草原を残すようにしている。

・「常磐(ときわ)すすき」
 という種類は 
 「すすき」に比べて
 開花が早いため、
 真夏の頃から穂を楽しめる。


・「すすき」は「芒」とも書く。


・別名
 「尾花(おばな)」
   花穂が獣の尾に
   似ていることから。

 「茅(かや)」
   民家の茅葺き屋根
   (かやぶきやね)は、
   この薄などの茎や葉を用いて
   葺(ふ)いた屋根。


・「茅の輪くぐり」は
  茅萱(ちがや)参照。


・9月7日の誕生花(薄)
・花言葉は「心が通じる」(薄)


            ↑ 上へ

■【中秋の名月】(十五夜)
 (ちゅうしゅうのめいげつ)
 (仲秋の名月、中秋の満月、とも)

 旧暦の8月15日の満月のこと。

 旧暦(1872(明治5)年まで
 使用された暦)での「秋」は、
 7月=初秋、
 8月=中秋、
 9月=晩秋
 を指した。→ 8月=中秋
 また、毎月一律、
 1日=新月、
 15日=満月 と呼んだ。
      → 15日=満月

 よって、
 8月15日の月のことを
 【中秋の満月、中秋の名月】
 と呼んだ。

 1872年以降の新暦は、
 旧暦より約1ヶ月以上後ろに
 ずれることになったので
 (旧暦の8月 = 新暦の9月)、

 【中秋の名月】(十五夜)は
 新暦では
 「9月10日頃 ~ 10月10日頃
  の間の満月」を指す。
  (日にちは年によっても
   少しずつずれる)
  また、
 旧暦の9月13日の月を
 「十三夜」と呼ぶ。
 (満月の2日前の月)


 「中秋の名月」のことを
 「最中の月」と呼ぶこともあり、
 そこから、
 平らな丸いあんこ菓子を
 「最中(もなか)」と
 呼ぶようになった。


            ↑ 上へ

・「秋の野の
  美草(みくさ)刈りふき
  宿れりし
  宇治の京(みやこ)の
  仮いおし思ほゆ」
   (美草=薄) 
   万葉集 額田王

 「人皆は 萩を秋といふ
  よし我は  
  尾花が末(うれ)を
  秋とは言はむ」 
   万葉集 作者不詳  

 「虫の音も
  ほのかになりぬ 花すすき
  穂にいずる宿の 秋の夕暮れ」
   金槐和歌集 源実朝 

 「狐火の
  燃(もえ)つくばかり
  枯尾花(かれおばな)」
   与謝蕪村 

 「山は暮れて
  野は黄昏(たそがれ)の
  芒(すすき)かな」 
   与謝蕪村


・秋の七草のひとつ。


・東京周辺の見どころ

 <箱根の仙石原>
   仙石高原に広がる、
   広大なすすきヶ原。
   すすきの見頃は10月中旬頃。
   バス停「仙石高原」。


・秋の七草へのリンク
 秋の七草

  薄  桔梗  撫子

   藤袴  女郎花


・似ている花へのリンク
   パンパスグラス  アシ


・似ている葉っぱへのリンク
   レモングラス


・読みなどが似ている
 茅(かや)  茅萱(ちがや)

 榧(かや)


            ↑ 上へ

__________________


俳句・短歌コーナーへ

__________________


解説・使い方  更新情報 ♪

__________________

 あ   か   さ   た 

 な   は   ま   や~ 

英語名(A,B,C)

科名  学名(ラテン語)


1月  2月  3月  4月  5月

6月  7月  8月  9月  10月

11月  12月  歳時記(春夏秋冬)



      ピンク

      

  その他の色  色 いろいろ



山野草  池・湿地の花  海辺の花

春の七草  秋の七草



いい香り  ハーブ  野菜・果物

ケヤキなどの高木  巨木、銘木

温室・観葉植物  食虫植物   雑草 

  葉っぱ  珍しい花

薬草(薬用植物)  紅葉がきれい



俳句・短歌  百人一首  干支(えと)

生活・文化にまつわる花

ことわざ・故事  歌のタイトル名

誕生日の花  花言葉


数字あり  地名あり

木へん  草かんむり  珍名の花

東京近辺の見どころ

都道府県の花・木  世界の国花

動画一覧  定点観測


写真集     

大判写真    



「季節の花 300」の表紙へ ♪


            ↑ 上へ

__________________

Copyright(C) Since 1997
Atsushi Yamamoto.
All rights reserved.